Page: 1/244   >>
visitor - High Speed Savage CD

・visitor - High Speed Savage CD 税込1,000円 (High Speed Savage)

ex.EXPOSE、ex.METAL SKULLメンバーが在籍する東京ハードコア・パンク・バンドの1stアルバム。CDはアナログ盤とは異なるシークレット・トラックを追加して自身のレーベルからのリリース!

ノイジーな音作りのスラッシュ・ハードコアを軸にしながら、さらにエクストリームな表現を目指したようなギターノイズの使い方等、現代的な感覚の楽曲構成が特徴的です。ですが複雑さや難解さはなく、曲自体はハードコア・パンクの潔さに満ちていて、ストレートな楽曲の中を混沌とした音塊が飛び交いながら、ブルータルなボーカルを乗せて疾走する全8曲!


“ブルタルコア“と言う言葉があるのならまさにこのサウンドバランスをさす。10年近く日本のハードコアパンクは、“ RAW HARD CORE と CRUST“ と言う言葉のくくりから抜け出せなく低迷していた。しかしこのサウンドはあきらかに違う次元の“ neo hard core“サウンドだ!!

【Final Countdown】コンパクトかつ緻密に組み立てられた楽曲の中に様々なエッセンスとサウンドコラージュで曲全体が埋め尽くされ激しく反応し合っている。平たくraw crustやbrutal noise metalなんてくくりにも決して当てはまらない。

【God Save The Slaves】壊れた暴走戦車が乱射しながら迫ってくるようなパッケージ。ドラムロールは血流が逆流する様。ブレイクからソロパートへのインサートは音を切り貼りしたような荒々しいコラージュで見事だ。metal crustの血を引く音圧にwrecthedばりの初期衝動サウンドはテンションがあがる。

【Cybernation】効果音的なギターサウンドは轟音と共に曲となる。曲自体はトラディショナルな構成だが重ねられたノイズトラックが楽曲の振り幅を大きくしている。

【その手を汚せ】宇宙から飛んでくるチェーンソー。ギアがかみ合った時に生まれる、ultraspeed。だれない長さにソリッドさが際立つ。

【Slave in The City】短いわりに楽曲が優れている。アラビアンテイストのハーモナイザーソロも綺麗にキマッてる。

【Scary】リズムの噛みが良くストレートにノれる一曲

【Violence Fever】タフでノイジーな感触。ノイズギターのかぶりは意図するモノなのか???

【High Speed Savage】タイトルナンバー!反復する工業的ベースラインにのる咆哮とノイズひたすら叩き付けるスネアが強烈!!

非常にブルタルでノイジー(テクニカルで意図的な)なエクストリームサウンドに仕上がっている。
だれない曲の長さはいっきに聞けるからかっこいい!!
様々なノイズコラージュが曲の広がりにつながってるね。
サウンドを例えるならばelectro psychic raw noise hard core punkな印象。
visitorには希望と破壊力が見えるんだ!
この作品がより広い世界に放たれる事を強く希望する!!

美濃加茂から愛を込めて/TAKACHO LONDON
| RECORD BOY | 02:20 | - | - |
Punk Thrash Classics from the Graves!!

・BROKEN BONES - A Single Decade LP 税込2,160円 (Havoc)

近年はパンク・クラシックの再発が充実しているHavoc Recordsが、BROKEN BONESの初期EP集LPをリリース。ご覧の通り、あの激渋なハンギング・オン・ザ・グレイブ写真をジャケにしちゃってくれてますので、これは興奮せずにはいられない!参加せざるを得ない!!


"Decapitated" 7"EP (1984年)
"Crucifix" 7"EP (1984年)
"Seeing Through My Eyes"10"EP (1985年)
"Never Say Die"12"EP (1986年)


もう本当に説明不要ですから、このレコードには直接関係ないけど、BROKEN BONESについて言いたいことをただ言いまくります。Cleopatraから出てたBBのコンピレーションCDで、TezzとOddyが一緒に収まってる写真があって「そんな編成あったのか!?」と不思議に思いながらも、誰にも言えずにモジモジしてた時があります。だってGBHのコンピレーションCDのジャケが、DISCHARGEのGarryだったりした時代ですから。で、調べてみたら、なんとTezzがVo.をとっていた時期があったという事が判明。それなら、Bones, Tezz, Oddy, Bazという編成も納得です。真っ先にクロスオーバーしていたこの頃のTezzは本当にカッコよくて、ブルー・ジーンズに白いTシャツでバンダナ巻いてる姿は、当時の日本人が真似したら浜省のファンみたいな事になりそうだけど、これが最強にカッコいい!!あと、EXPLOITEDのHorror Epicsでギター弾いてたKarl MorrisとBonesの男前ツイン・ギターとか、TWISTED SISTERのTシャツ着たOddyなど、とにかく全員ホントかっこいいです。



・BRAINSTORM - Only The Dead See The End of The War LP 税込2,592円 (F.O.A.D.)

日本のBATTLE OF DISARMとSplit LPをリリースしていたユーゴスラビアのハードコア・パンク・バンドの89年1stデモを、イタリアのF.O.A.D.がLP化再発。限定300枚プレスで、インナーは2枚付き。ディスクはブルー・ビニールで、片面にシルク・プリントが施されています。

当時のEarache, Peaceville, Manic Earsなどのスラッシュコア・バンドを思わせる、なんていうレーベルの解説でしたが、もちろんそんな華やかさなどはなく、ハードコア・パンク発展途上国バンドらしいアカ抜けなさが味わいの、ELECTRO HIPPIESやSATANIC MALFUNCTIONSタイプのブルータル・パンク・スラッシュ、といった感じです。前述のLate 80's UKHCルネサンスを盛り上げた主要レーベルのバンドよりも、どちらかと言うとドイツのCHRONICAL DIARRHOEAみたいな、初期Nuclear BlastやOff The Diskバンドのような雰囲気が好きな人にオススメです!!



・ATTITUDE ADJUSTMENT - Dead Serious Demo 1985 and Lost Session 1986 LP DIE HARD SPLATTER VINYL 税込2,808円 / REGULAR BLACK VINYL 税込2,592円 (F.O.A.D.)

キング・オブ・ベイエリア・クロスオーバー・スラッシャーズの、85年1stデモと、86年のリハーサル・セッションを収録したLPです。1stデモは、過去にBitzcoreが1stアルバムを再発した時にもボーナス収録された名作デモですし、86年リハーサルには未発表曲も2曲含まれていて、ltd.100枚のダイハード・スプラッター・ビニールはカート・アップ前から少なからずお問い合わせもいただいていた、クロスオーバー・ファンに話題のリリースです。

何回でも言いますが、欽ちゃんジャンプしまくるAndy Andersenのキャラが際立った1stアルバム American Paranoiaは、スケボーするにピッタリかも知れないけど、本来は足技を駆使して素晴らしくタイトに爆走するChris Kontosのドラムがベッタリしていて弱く、曲自体のベッタリ感を助長しちゃってるので、88年に発表したダーティー・クロスオーバー・スラッシュ最強傑作 No More Mr. Nice Guyの前ではなす術がありません。しかし、この1stデモ音源は、Bitzcoreからの1stアルバム再発盤のボーナスで聴いて、「オッ!American Paranoiaアルバムでやってる曲だけど、こっちのデモの方がカッコいいぞ」と思った人も多かったと評判の音源で、RIPCORDの1stアルバムに近い感じのロウ・スラッシュなサウンドです。HEATHENのDoug Piercyがレコーディングしているのが、良い結果を生んでいるのかも知れません。ちなみにLate 80's UKHCルネサンス・バンドの間でも人気が高く、RIPCORD, NAPALM DEATH, etcのJim WhiteyはよくATTITUDE ADJUSTMENTのTシャツを着ていましたし、JAILCEL RECIPESによるDead Seriousのカバーもカッコいいと評判になりました。



・ACCUSED - Martha Splatterhead MLP 税込2,160円 (Unrest)

80'sクロスオーバーを代表するバンドの一つ、USシアトルのACCUSEDが、自身のレーベル Condar Recordsから85年に限定500枚で発表した5曲入り1st MLPがカナダのレーベルからオフィシャル再発。オリジナルはセパレートのゼロックス・スリーブ、つまり表ジャケと裏ジャケがそれぞれコピーであるのみのDIY仕様でしたが、歌詞インナーには日本語訳が付いていました。裏ジャケでギターのTommyがMACEのTシャツ着てるけど、MACEの2ndアルバム The Evil in Goodでも付いてた日本語訳とよく似た筆跡です。今回の再発盤はもちろんそのインナーを再現して、ジャケは通常のスリーブ状になっています。

ここに収録の5曲は、後に1stアルバム The Return of... LPでそのまま収録されていますから、音源自体は超レアというわけではありませんが、オリジナル盤は日本ではめったにお目にかかれないメガレア盤ですので、やはりこのジャケでの再発はファンの心理をちゃんと理解してくれています。オジ―, モトリー, MACEのTシャツ着てるメンバー写真もカッコいい!!


* シールドされてるレコードの悲しき性で、残念ながら数枚だけジャケの天が抜けてるのがありました。綺麗なものから販売して、残りがジャケ天抜けのモノのみになった時点で、特価にして販売致します。もし、ジャケ・ダメージは気にならないので安い方を希望、という場合は、備考欄に書き添えてください。



・ACCUSED - The Return Of Martha Splatterhead LP 税込2,484円 (Unrest)

こちらは86年発表1stアルバム再発盤です。当時のイギリス・ライセンス盤が、CORとの共同によるEaracheのファースト・リリースで、MOSH1のカタログ・ナンバーとしても有名な作品です。これまでいろんなバージョンで出てきたけど、遂にUSオリジナルのSubcore Records仕様のブルー・カバーで復刻されました。このLPはこのSubcore Recsバージョンが一番レアで人気も相場価格も高いので、やはりこのジャケでの再発はファンの心理をちゃんと理解してくれています。

当時は日本盤のリリースというのは、国内での人気や知名度アップに、現在とは比べ物にならないくらい大きく影響していたので、ACCUSEDの場合は日本盤CDが出ていたMartha Splatterhead's Maddest Stories Ever Toldが人気高いけど、アレはちょっとファニーすぎて正直しんどいと思ってる人は自分だけじゃないと思います。ACCUSEDはやっぱりこの録音が完全無欠最強。乱暴なこと言わせてもらえると、ACCUSEDはコレだけあればいい。そう言いたくなるくらい、ノイジー且つ鋭利な直線的刻みメタリック・リフと、そして案外語られることの少ない、ロウ・パワー爆裂のリズム隊による猛烈なドライブ感が素晴らしい。有名なフライヤーで、ACCUSED, MACE, NMEという凄いメンツのライブがあったのが確認されてるけど、この頃のACCUSEDには、NMEにも通じる殺伐とした緊張感があるし、旧友バンド POISON IDEAの初期にも似た感触のホコリっぽさで刻みまくってるようでもあります。In My Headとの奇跡的な共通点が非常に興味深いShow No Mercyなど、とにかく聴きどころ満載すぎて息つく暇もない最強のクロスオーバー・スラッシュ・クラシックです!!
| RECORD BOY | 02:08 | - | - |
Death Cult from the Graves!!



・ULVER - Trolsk Sortmetall 1993-1997 5CD BOX 税込8,532円 (Century Media)

aaarrrggghhh!!!ァァァぁぁぁ!!!・・・ぁぁぁーあ。1年くらい前からリリースがアナウンスされてて、これは絶対にLPボックスも欲しいぞ、と気を引き締めていたつもりでしたが、発売当日にCentury Media見たら、もう売り切れ…。最近のCentury Mediaアナログ盤は再プレスも早いから、しばらく待ってみましたが、現時点では無理っぽいです。LPボックスはトータル2,000セットでしたし、いつまでもクヨクヨして3,000セット限定のCDボックスも逃すわけにはいきません。やはりこのCDボックスも、既にCentury Mediaでは在庫切れになっています。


DISC 1. Vargnatt (1993年デモ)
DISC 2. Bergtatt - Et eeventyr i 5 capitler (1995年1stアルバム)
DISC 3. Kveldssanger (1996年2ndアルバム)
DISC 4. Nattens madrigal - Aatte hymne til ulven i manden (1997年3rdアルバム)
DISC 5. Nattens madrigal - (1995年 4トラック・リハーサル)


ノルウェー・ブラック・メタル・シーンが産み落とした孤高の天才音楽集団 ULVERのブラック・メタル期の音源をまとめた、最新リマスターCD5枚組ボックス・セットです。全16ページ・ブックレット付きで、スリップ・ケース状のアウター・カバーに収まっています。デジ・ブック状のジャケット/アウター・カバー/ブックレットのいずれも、分厚いへヴィ・カードボードを布地で覆った、NWN!のアナログ盤ダイハード・バージョンによくあるような豪華な質感です。

1stアルバムでフォーク・ブラックの最高峰に達してしまい、2ndでは全編アコースティックのこれまた完璧なるフォーク・アルバムで、北欧の美しく、悲しく、透き通った、そしてどこか懐かしいメロディーを凝縮した音楽を表現しています。心の琴線に触れるというのはまさしくこのことではないでしょうか。1stアルバムは一応はブラック・メタルのフィルターを通してエクストリームな表現方法を用いてはいますが、アグレッシブであるべきファスト・パートも澄んだメロディーに支配されてるので、どこかゆったりと、そして最高に悲しく迫ります。BURZUMのメロディーの悲しみは憎悪と絶望に満ちてるけど、ULVERのメロディーはまるで自分がヨーロッパの田舎町の小さな教会で育ったかと錯覚していまいたくなるほど、始めて聴いても懐かしさと切なさを感じさせます。2ndのフォーク・アルバムも、ブラック・メタル・ミュージックではないけど、感じるところは1stとまるで同じです。しかし3rdアルバムは、そんな初期2作品で幻想にひたることを無残にもブチのめす、残忍で凶暴極まりないロウ・ノイジー・ブラック・メタルに恐怖させられます。でも、やっぱりあの冷たくて最高に切ないメロディーは一貫しています。

このボックス・セットに収録されている初期3作品までがブラック・メタル・バンドでしたが、その後はエクスペリメンタルな音楽を追及して、真にプログレッシブな音楽活動を続けています。しかし、ULVERに対してセルアウトだのポーザーだのというジェラシーまがいのトンチンカンな批判は聴いたことがないのは、やはりどんな形態でも完璧な完成度で表現しているからだと思います。




・FLAME - Studio Perkele Sessions CD 税込1,620円 (Helvetin Levyt)

再入荷お待たせしました!!

フィンランド・ベテラン・ブラック・メタル・スラッシャーズの2000年発表デモCDRと2001年発表Split 7" w/ DEVIL LEE ROTの初期音源2種をまとめた7曲入りCDが、メンバー自身の運営するレーベルから自主リリース。パーティー・スラッシュが苦手な当店では、URNと並んで根強い人気を誇るフィンランド・スラッシュ・メタル・バンドですが、初期リリースは確か2004年のSplit CD w/ GHASTLYから入荷させてたので、穴が空いてたこの最初期音源が聴けるのはとても嬉しいです。

メンバーがURNやLANTERN等の他バンドも平行してやってるせいか、いかんせん活動がマイペースですので、印象が地味と言うか、まだ聴いたことのない若いスラッシュ・メタル・ファンもいるかも知れませんが、お隣スウェーデンにも引けを取らないフィンランドのスピード/スラッシュ, デス/ブラック・メタルの熱い現行シーンの基礎を築いたバンドとして、絶対に外せない重要バンドの一つです。深くリバーブをかけたVo.とデスラッシュ・リフにパウンディング2ビートが特徴のブラック・スラッシュで、2011年に発表した現時点での最新オリジナル・アルバム March into Firelandsではドラマチックな展開も印象強く、DESASTER, DESTROYER 666, FORCE OF DARKNESS, etcのファンにオススメの内容でした。しかし!!このCDで聴ける最初期音源は、いきなりブリブリの黒いSLAYER刻みリフでスタートした後は、VENOMタイプと言うよりもMOTORHEAD影響下のスピード・メタルと呼ばれた80'sバンドのような2バス連打で疾走して、しかもこのドラミングが他作品ではノイジーな他パートに埋もれてたのに、ここでは素晴らしくロウで、これはメガ渋カッコ良すぎる!!トリガーとかモダン・エクストリームなのは良く分からないけど、メタルのドラムはやっぱりこういうふうに生音からラウドであるべきです。激速2ビートでもパワーは落ちてないし、スピード・メタル調にDESTRUCTIONリフが乗ってくると、ノルウェーINFERNOもかなり彷彿さてくれて、とにかく全編カッコイイです。No TROLLS, No ROMANCE, Just PURE BLACK METAL!こういうスラッシュ・ブラック・メタルが聴きたかった!!!



・GODDEFIED - Inhumation of Shreds (Complete Recordings 1991-2009) CD 税込1,836円 (Memento Mori)

Wild Ragsから93年にCDで発表したミニ・アルバムが、2008年に10"アナログ盤で再発されて、その時は当店でもかなり好評だった初期スウェーデンのオブスキュア・デス・メタル・バンド GODDEFIEDのディスコグラフィーCDが、ANATOMIAのコレクションCDなども出していたスペインのMemento Moriからリリース。未発表や、前身となったENSHRINED時代に残した唯一のデモなども収録した全19曲入りです。


Tracks 1-3 : ENSHRINED "Assembly Of The Damned" DEMO (1991年)
Tracks 4-6 : GODDEFIED 詳細不明
Tracks 7-12 : GODDEFIED "Abysmal Grief" EP (1993年)
Tracks 13-15 : GODDEFIED "Remnants Of The Art" 7" (2009年)
Tracks 16-19 : GODDEFIED 未発表


Abysmal Grief音源がBlood Harvestから再発された時は、日本のデス・メタル・マニアにもかなり話題となって、同じくBlood Harvestから発表した2009年復活音源 Remnants Of The Artも、ピュアすぎるゴリゴリのENTOMBED直系スウェディッシュ・デス・メタル・サウンドが大好評でした。今回CDで初期から通して聴いてみると、前身バンドのENSHRINED時代から詳細不明の初期音源は、やはりアングラなダークネスが色濃く、より不穏なムードが強いので、ENTOMBED直系と言うよりもGOD MACABREのような極上オブスキュア・スウェデス・サウンドです。そう思って2009年7"音源を聴くと、こっちはまるでBOMBS OF HADESな暴走バイオレント・デス・メタルで、これまたカッコいい!!スウェディッシュ・デス・メタル・ファンには、間違いなくオススメのCDです。



・TERRORIZER - Before the Downfall REGULAR 2LP + CD 税込3,672円 / 2CD 税込2,592円 (F.O.A.D.)

グラインドコア/デス・メタルの草分け的存在である最重要バンド、ロス・アンゼルスのTERRORIZERの初期デモ/リハーサル/ライブを収録したコンピレーション・アルバムです。デモはこれまでもブートで出まくってきましたし、近年ではNAUSEAの前身にあたるMAJESTYのデモ・ブートLPでも同タイトルのモノがありましたが、こちらはイタリアのF.O.A.D.からリリースされたオフィシャル盤です。

LPは2枚組+CDで、LPのD面はシルク・プリントが施されています。ジャケットはゲートフォルドで、スリップ・ケース状のアウター・カバーも付いた豪華盤。ブックレットも付いています。CDは2枚組で、8面デジパック・ジャケット。ブックレットも2冊付いて、とても厚みのあるCDです。やはりTERRORIZERの人気は凄まじく、海外でも日本でも良く売れているそうですので、インタビュー/写真/フライヤーなどの貴重な資料満載のブックレットも必見ですし、初期グラインドコア・ファンは確実に押さえてほしい音源集です。


Track LP A1 : "World Downfall" セッション未発表 (1989年)
Tracks LP A2-A8 : 1987年12月未発表デモ
Tracks LP B1-B6 : Split DEMO w/ NAUSEA (1988年)
Track LP B7 : Live (1987年10月2日)
Tracks LP C1-C6 : "Nightmares" DEMO (1987年)

Tracks CD 1-9 : 1987年4月25日リハーサル
Track CD 10 : 1987年リハーサル
Tracks CD 11-19 : 1987年8月22日リハーサル
Track CD 20 : 1987年10月25日リハーサル
Tracks CD 21-24 : Live (1987年3月21日)


89年にEaracheから発表した名作1stアルバム World Downfallは、テープ・トレーダーとしても活発だったNAPALM DEATHのShane EmburyがTERRORIZERの大ファンで、解散状態だったTERRORIZERに録音を決心させて、ミックスも含めて8時間で完了させたという伝説があります。NAUSEAに本腰を入れていたVo.のOscar Garciaは既に曲を忘れかけていて、ベースのGarveyは拘置中だったため、MORBID ANGELのDavid Vincentが代役でベースを弾いた作品が、Scott Burnsの録音によって、後のアメリカン・デス・メタルはおろか、現在に至るまでのエクストリーム・メタルのサウンド・プロダクションを決定づけたと言っても過言ではない歴史的アルバムになったわけですが、それらの経緯を踏まえて考えると、ここで聴ける生々しいグラインド・メタル・サウンドが、オリジナルのTERRORIZERを克明に感じ取れる貴重な音源だと言えます。DEATHやMASTERのカバーもやっています。
| RECORD BOY | 18:03 | - | - |
Cult of Steel!!

・QUARTZ - Too Hot to Handle CD 税込2,160円 (Skol)

SATAN'S HOSTやROBESPIEREなどのカルト・レアな再発盤から、最近では女性Vo.メタルのSAVAGE MASTERが当店でも好評の、ジャパニーズ・ヘッドバンガーズから厚い信頼を得ているポーランドのSkol Recordsが、UKバーミンガムのNWOBHMバンド QUARTZの81年〜82年録音未発表音源集CDをリリース。83年にHeavy Metal Recordsから発表して以降、2009年まで1度もCD化されなかったAgainst All Oddsアルバムで後に再録される曲のお蔵入りセッションですが、よくあるアウトテイクやデモ起こしのレベルではない、文句なしの高音質で蘇っています。さらに今回初めて陽の目を見る完全未発表曲も6曲収録した、QUARTZファンならば即死級の全16曲入り発掘音源集です。

70年代に活動したBANDY LEGSというバンドを母体にして、BLACK SABBATHのTony Iommiプロデュースで77年に1stアルバムを発表します。その後、メンバーがBLACK SABBATHのサポート・メンバーとしても活躍する、サバスとは切っても切り離せない関係のNWOBHMバンドですが、サバス云々ではなく日本のNWOBHMファンに熱狂的に支持される所以は、やはりこの最上級に絶品の哀愁メロディーでしょう。トーンも叙情もドイツのSCORPIONSと非常に近いものを感じるので、当店で入荷させてきたロンドンのRITUALやイタリアのDARK QUARTERERなどのエピック・メタルが好きならば、まずはこのレジェンド・バンドを先に聴かねばならない、ということです。あと、Against All OddsアルバムとこのCDにも収録されてるBuried Aliveって曲は、BLACK SABBATHのSymptom of the Universeと何か関連があるんですかね?前半はそっくりに聴こえてなりません。とにかく、NWOBHMファンを自負するなら号泣して必須のCDです!!



・WARRIOR - Let Battle Commence CD 税込2,160円 (No Remorse)

VIRTUEやHEATHEN'S RAGEなどでも業界関係者を震え上がらせ、コレクターやマニアを狂喜させるメガレア名作を次々とオフィシャル再発してきたギリシャのNo Remorseのリリースが各種入荷しました。今回入荷した再発盤もいずれも必殺のレア盤ぞろいですし、内容がまたどれもガッツポーズ級に激渋ですので、この機会にぜひ聴いてみてください。

こちらはUKチェスターフィールド出身ハードロック・バンドの1980年発表8曲入りアルバムです。この音源の8曲だけを残して消えたバンドで、オリジナル盤は200ドル前後で取引される、コレクターにとっては憧れのメガ・レア・レコードです。2012年に限定500枚のピクチャー盤LPでオフィシャル再発されて、その時は当店にもウワサが流れ着き、お問い合わせをいただくこともありました。そのピクチャー盤LPも既にレア盤としてプレミアがついてますが、CDは94年に1度だけリリースされて以来、今回が20年ぶりの復刻となります。

サウンドはNWOBHMの中でもかなり70年代を引きずったスタイルですが、グラム・ロック系の激しさと個性的で独特なフレーズも飛び出すギター・プレイが、ハードロックの古典とニューウェイブの感覚を同時に持ち合わせたような感じもあるので、URCHINに代表されるパワーポップとハードロックの狭間に居たバンドなどが好きな人にもオススメできるかと思います。ソフトな哀愁は、ちょっとキーボードのないSARACENみたいなエピックさにも感じます。しかし "Yesterday's Hero"の哀愁はBLEAK HOUSEにも通じる切なさで、NWOBHMファンはもちろん、70〜80年代ブリティッシュ・ロックの叙情にメロメロのファンは必聴のカルト・レア・オブスキュア・メタルです!!



・MILLENNIUM - S/T CD 税込2,160円 (No Remorse)

こちらはUKバーミンガム出身NWOBHMバンドの84年発表唯一のアルバム再発盤CDです。しばらくリプロ盤のCDが出回っていましたが、このCDはデモ音源各種も追加収録したコンピレーション・アルバムとなっています。


Tracks 1 - 10 : "Millennium" LP (1984年)
Track 11 : 1985 DEMO
Tracks 12 - 13 : 1986 DEMO
Trakcs 14 - 18 : 1987 DEMO


SATAN "Kiss of Death"などもリリースしていた、NWOBHMを支えたレーベルの一つ Guardian Records n'TapesからLPを発表して、同レーベルのオムニバス・アルバム Pure Overkill LPにも参加していた、日本のNWOBHMファンにもおなじみのバンドです。サウンドもまさしく日本人好みのタイプで、所謂 "シケた" と呼ばれて日本で愛される、80年代特有の曇った哀愁旋律全開で、SCORPINS系統のクサレ叙情から南欧エピック・メタル・ファンまで、とにかく泣きたい奴はコレを聴け!!って感じです。ロゴも配置も色も、全て完璧なセンスのジャケもカッコいいし、革ジャンを基本にしたメンバー写真もNWOBHMバンドならではのカッコよさ!!



・LYNX - Caught in the Trap CD 税込2,160円 (No Remorse)

こちらはスウェディッシュ・へヴィメタル・バンドの85年発表唯一の作品の初CD化再発です。前に入荷して当店でも反響のあったDIZZINESSに続いて、No Remorseが "Swedish Hard n' Heavy Series" と銘打ってリリースする発掘リイシューの第2弾です。

キーボードも入ったRAINBOW, DEEP PURPLE影響下の様式美スタイル・ハードロックを土台にしつつ、アメリカナイズされていった当時の北欧メロディック・ハード系らしいサウンドで、大胆にもBON JOVIまで見据えたようなナンバーでも、オルガン的音色でヨーロッパの郷愁をひきずるキーボードのアクセントが最高です。この、当時の最先端だったアリーナ・メタル系メロハ―と、様式美の古典的手法のミックスの絶妙すぎるバランス感覚は、かなり極上ではないでしょうか。アメリカナイズと言いましたが、何度か聴いてくごとに様式美の古臭さの方が強く感じられました。EUROPE, SILVER MOUNTAIN, MADISON, PRETTY MAIDS, TOKYO BLADE, etcのファンに確実にオススメですが、JAGUARやRAVENすら彷彿させるスピード・メタル・ナンバーと言ってもいい激烈ヘッドバンギング・チューンがまた激渋!!ジャケも最高です。



・HAMMERON - Nothin' To Do Again But Rock CD 税込2,160円 (No Remorse)

こちらはUSシカゴ出身へヴィメタル・バンドの86年発表唯一のアルバム再発盤CDです。オリジナル盤は300〜400ドルで取引される、コレクターにとっては憧れのメガ・レア・レコードだそうです。ボーナス・トラックを収録した9曲入りです。

Vo.は最後期ZNOWHITEのVo.で、その後そのままCYCLONE TEMPLEの1stアルバムまで居た人ですし、他メンバーもSINDROMEギタリストや、NINE INCH NAILS, REVOLTING COCKSに参加したドラマーなど、各方面の個性的なバンドに参加した面々が在籍した、興味深いメンバー編成です。そしてサウンドも、メガレアだとか誰が在籍したとか関係なく素晴らしくて、合衆国産鋼鉄ならではの緊迫感に満ちた展開と、アリーナ・メタル系に匹敵する絶品ハーモニーを聴かせる澄んだコーラスが合体した、これぞまさしくアメリカン・メロディック・メタル!!メンバーのファッションも80年代ならではの素晴らしさで、アリーナのステージを夢見るマイナー・メタル・バンドの魅力が凝縮されたような作品です。BBTADが再発したSTREET CHILDや、StormSpellが再発してたSLANDERのような、カルト・メロディック・メタル好きは絶対に必聴!!



・GRAVEN IMAGE - People in Hell Still Want Ice Water CD 税込2,160円 (No Remorse)

こちらはアメリカ・ロス・アンゼルスのへヴィメタル・バンドのディスコグラフィーCDです。このCDのタイトルにもなっている84年発表の1st 12"は当時200枚のみプレスされ、世界中に星の数ほどあるへヴィメタル・レコードの中でもトップクラスのレア度を誇る$1,000級のキング・オブ・レア盤として語り継がれています。このディスコグラフィーは2005年にメンバー自身によってリリースされてましたがCDRで、プレスCDは今回が初です。2006年のFils Du Metal Recordsによるアナログ・バージョンも今やレア盤としてプレミアがついて取引されています。

サウンドは硬派なアメリカン・メタルの典型で、スピード・メタル化せずにIRON MAIDEN影響下の正統派メタルをUSで貫いたバンドが好きならば必聴です。LOUDNESSやアニメタルUSAでも活躍したマイク・ヴェセーラがやってたOBSESSIONに、ちょっとRIOTのガイ・スペランザっぽい哀愁ソウルフルなVo.が熱唱してるようでもありますし、ツイン・ギターは熱血ヘッドバンギング・リフもハモリ・ソロも絶品!!ぜひこの機会に、このモンスター級レア・メタルを体験してみてください!!



・HEATHEN'S RAGE - Knights of Steel-The Anthology 2CD 税込2,592円 (No Remorse)

こちらはUSニュージャージーのへヴィメタル・バンドのディスコグラフィー2枚組CDです。86年発表の1st 12"は$200前後で取引されるコレクターには永遠の人気を誇るレア盤だそうです。今回入荷してきたNo Remorseリリースは、どれもマニア一撃必殺のメガ・レア盤リイシューのオンパレードですが、中でもこのHEATHEN'S RAGEが今一番話題を振りまいています。


CD 1
Track 1 : 1984年録音
Tracks 2-13 : 1986年〜1987年録音
Tracks 14-17 : 1988年録音

CD 2
Tracks 1-3 : S/T EP (1986年)
Tracks 4-13 : 1986年〜1987年録音


サウンドはJAGUARにも全く引けを取らない猛烈なアグレッションのスピード・メタルで、これはホントかっこいい!!ガムシャラなパワーのドラミングで疾走するナンバーはSAVAGE GRACEにも匹敵しますが、このバンドの特徴は強烈なエピック臭で、ヨーロッパのバンド並みのシケシケの叙情を歌い上げるVo.が素晴らしすぎます。ジョーイ・ベラドナとジョーイ・テンペストの中間みたいな声質のVo.は、なぜ当時正当に評価されなかったが不思議であります。プードル・ヘアーにビニパンでTシャツをカットしたりもする80'sメタル王道のファッションでありながら、シャツはSUICIDAL TENDENCIESだったり、S.O.D.と共演したりと、当時のスラッシュ・メタルの勢いを真っ向から受け止め吸収した東海岸パワー・メタルの完璧な姿が、このHEATHEN'S RAGEなのかも知れません。リフはほぼスラッシュの刻みだから、BROCAS HELMのスピード・エピック・メタルよりもスラッシュ色が強くなるはずなのに、素晴らしくシケた哀愁メロディーが、まるでSILVER MOUNTAINのようなスウェディッシュ・メタルにも近づけているように感じます。とにかく激渋!!オリジナル盤欲しい!!



・CRYPT - Stick to Your Guts CD 税込2,160円 (No Remorse)

こちらはカナダ・モントリオールのへヴィメタル・バンドの87年発表アルバム再発CDです。この音源の8曲だけを残して消えたバンドで、オリジナル盤は$100〜$200で取引される、コレクターに定番の人気を誇るレア盤だそうです。CDは過去にブートレグが出回ったのみで、今回初めてオフィシャルCD化された、マニアにとっては事件級の再発盤です。

Vo.とベーシストが後にEXCITERにも参加したことでも知られるバンドで、いかにも80年代らしいダイナミックなドラムの音と硬質なリフ・ワークが、北米パワー・メタルらしい冷たさと重厚な質感です。アメリカン・ハード路線を微妙に意識したようなキャッチーさも見え隠れする曲調が中盤に出てくるあたりは、当時のカナダ/USマイナー・メタルの宿命とも言えますが、真性ヘッドバンガーズを唸らせるのはやはり大英帝国スタイルの鋼鉄ナンバーで、特にIRON MAIDEN直系のドラマチック・インストゥルメンタル・ナンバー Wings of Omenは、インストながらこのバンドの代表曲の一つと言っても良いであろう、拳を握りしめてしまうカッコよさです。Vo.はカル・スワン系の曇り声で、これもブリティッシュ系の硬派なへヴィメタルを好むファンのハートをつかむポイントかと思います。あと、カラー写真も充実のジャケ・ブックレットに掲載のインタビューが意外な面白さで、「EXCITERの大ファン、ってわけじゃなかった」とか「当時のカナダのバンドで実際に入れ込んで聴いてたのは、SNFU, DAYGLOW ABORTIONS, SUDDEN IMPACTとかのパンクだけだった」とか、本音と当時のエピソードの数々が実に興味深いです。



・DED ENGINE - Hold A Grudge CD 税込2,160円 (No Remorse)

話題のRaising Hell Recordsなるレーベルからリリースされた、USミシガンのへヴィメタル・バンドの88年発表2ndアルバム再発CDです。このRaising Hell Recsは昨年2014年に突然出没して、一向に再発されない80's USメタルのレアCDを限定666枚で再発し始めたレーベルです。当店が一番入れなければならないWARGASMとNUCLEAR ASSAULTは時すでに遅し、持ってるディーラーを見つけた時にはもう完売していました。トホホ・・・。リリースするヤツが、スラッシュでも正統派でも、あまりにもピンポイントでかゆい所に手が届いたような入手困難タイトルばかりなので、ブートかオフィシャルか怪しい再発盤と言われてますが、まぁそういう時って、メキシコのデス・メタルとかでもなければ、ほとんどが権利関係をクリアせずにイリーガルなまま出したヤツなわけだけど、WARGASMに関してはメンバーも公認しているように、恐らくどの作品もバンド・メンバーか関係者などの当事者に非常に近い人間が絡んでるのかと思います。実際このDED ENGINEのCDも、音質から(リマスタリングしてるようです)写真やデータ詳細を掲載したジャケ・ブックレットの作りまで、まるでオフィシャル・リリースのようなハイ・クォリティーです。Raising Hell Recsの仕組みも今回分かりましたので、グレイな再発では第一人者の某氏によるOld Metal Recordsみたいなカルト・リイシュー・レーベルがまた出てきた、と、今後は取りこぼさないよう注意してチェックしていきます。

アメリカンJUDAS PRIESTの異名をとったバンドで、切れ味のいいリフで構成されたへヴィメタル・サウンドは、Screaming for VengeanceくらいまでのJUDAS PRIESTを思わせる箇所が多く飛び出します。ソリッドな重厚ギターによる疾走ナンバーは、OVERKILLのスピード・メタル・ナンバーみたいでもあります。しかしアメリカンならではのカラッとしたところもあるので、ちょっとMOTLEY CRUEの鋼鉄時代のようなノリも感じます。とにかく、アメリカン・パワー/へヴィメタル・ファンは無条件にヘッドバンギングできる名作です。
| RECORD BOY | 17:17 | - | - |
Boss Tuneage / Waterslide New Releases!!

・VIOLENT ARREST - Life inside the Western Bloc LP + CD 税込2,500円 / CD 税込2,160円 (Boss Tuneage)

ex. RIPCORDメンバーらによるUKハードコア・パンクの2014年アルバムが、限定300枚スプラッター・ビニールで入荷。本作にDistorted View 12"とSplit 7" w/ ENDLESS GRINNING SKULLS音源も追加収録した全22曲入りのCDも付属しています。

以前は暴力的でもあるボストン・スタイルのハードコア・サウンドでしたが、今回はVo.が変わってサウンドにも少し幅が出て、よりシンガロングな熱血ハードコアへと進化しています。GERIATRIC UNITやCRUCIAL SECTIONなどのファンにオススメです!!



・LOVEMEN - 1993-2000 CH.2 2CD 税込2,160円 (Boss Tuneage)

東京ハードコア・パンク・シーンから生まれて、日本のメロディック・パンク黎明期を支えたバンドのディスコグラフィーがWaterslide Recordsから2種連続でリリース。第2弾となるこのCDは、1997年にSnuffy Smileから発表した2ndアルバムにオムニバス曲やSplit曲をプラスしたディスク1と、2ndデモを収録したボーナスCDの2枚組。初回限定デジパック。メンバーの意向で歌詞は未掲載ですが、4人が集まって当時を振り返ったライナー・ノートは必読です。


(収録曲)
-children eat a nightmare CD (1997)-
1. drive back
2. line
3. flower
4. sleep
5. scenety of town
6. voices
7. spring
8. children eat a nightmare
9. white
10. upside down world

-split w/HOOTON 3 CAR 7″ (1997)-
11. voices
12. desire

-split w/EVERSOR 7" (1999)-
13. river
14. close monday

-split w/SERVO 7" (1999)-
15. day of summer
16. her concern is weather tomorrow

-split w/EVERSOR、THREE MINUTE MOVIE、BRAID CD (1999)-
-split w/THE TONE' 7" (1998)-
17. for life...

bonus disc
-2nd DEMO cassete-
1. love slave
2. tell me way
3. heaven's know
4. grey
5. old days
| RECORD BOY | 23:33 | - | - |

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2015 >>

Profile


〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時〜8時
毎週水曜日定休/ CLOSE on WEDNESDAY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan

recordboy@hotmail.com

Search

Entry

Archives

Category

Feed