Page: 1/197   >>
ゴールデンウィーク中の営業

本日水曜は定休日ですが、昨晩間に合わなかった商品を少しカート・アップしました。受注メール返信は、明日木曜日以降になります。

来週から突入するゴールデンウィーク中は、4月30日と5月7日の水曜日も休まず営業致します。遠方の方もぜひご来店ください。
| RECORD BOY | 15:07 | - | - |
IDORA / STUPID BABIES GO MAD - Between The Screaming And Scumbag SPLIT 7"

・IDORA / STUPID BABIES GO MAD - Between The Screaming And Scumbag SPLIT 7" 税込800円 (Hello From The Gutter)

マイペースに活動を続けてきたベテラン・ハードコア・パンク2バンドによるSplit 7"が、IDORAの過去作品もリリースしてきたHello From The Gutterから発売。

IDORAは昔のヒステリックなドライビン・スラッシュ・パンクとは違う表情の、無機質なヘヴィ・ナンバーを披露しています。エモーショナルなロック・フィーリングが土台にあるイメージが強いけど、張りつめた緊張感は相変わらず。Split w/ FALSE INSIGHTがかっこよかった静岡のSBGMは、今回も相変わらずのロッキン・ハードコア・パンク・チューンを3連発で終始爆走!!
| RECORD BOY | 15:01 | - | - |
Satan's Metal from Hell!!!666!!!

・SABBAT - Envenom CD BOXSET 税込9,504円 (Evil Dead prod.)

NWN!からのLPボックス・セットが到着する前に(ちなみにLP10枚組ダイハード・バージョンの店頭販売分はありません。ご予約分のみで完売しました。LP6枚組レギュラー・バージョンは引き続き受注可能です)、限定500枚で初デジパック化されて絶賛発売中のマレーシア盤 Envenom CDが、ltd.100セット・ボックス・セット入荷です!!!666!!!


・DIGIPACK CD
・JEWEL CASE CD
・PHOTOS GALLERY BOOKLET
・ENVENOM T-Shirt
・ENVENOM WOVEN PATCH RED
・ENVENOM WOVEN PATCH WHITE
・SABBAT LOGO EMBROIDERED ROUND PATCH
・ENVENOM LOGO EMBROIDERED DIECUT PATCH
・SABBAT SPERM LOGO EMBROIDERED PATCH


先に発売中の赤プリント・デジパック・バージョンと、ジャケが白プリントでブックレットのレイアウトも違うジュエル・ケース(いわゆる普通のクリア・ケース)のCDも付いた2枚セット。さらにそれらのジャケ・ブックレットとは違うCDサイズの写真集ブックレットも付いてます。レーベルの公開している画像にはなぜか4枚しか写ってませんが、円形のパッチもあるのでパッチは全部で5枚入ってます。Tシャツは今回の赤プリントを再現したものですので、今までのEnvenom Tシャツとはやはり異なります。TシャツはSサイズとMサイズでしか入荷しませんでしたが、サイズに問題ない方はぜひこの機会に確保してください!!

日本を代表するブラック・スラッシュ・へヴィメタル SABBATの91年発表1stアルバムです。ここ数年はR.I.P. Recsの2004年版CDもすっかり入荷しなくなってしまい、Iron Pegasusの2011年版再発アナログでしか入手できませんでしたが、このたび、2012年に本作をこっそりカセットで再発していたマレーシアのレーベルからデジパックでCDが再発されました。若かりし頃の写真を多数掲載したブックレット付きで、限定500枚リリース。2012年版カセット・バージョンを例に考えてわかるとおり、日本では極一部のショップのみで、ほとんど流通しないレーベルだけど、東南アジアでの絶大なSABBAT人気を考えると、500枚という枚数もウカウカしていられません。過去のエディションを持ってる人も持ってない人も、必須の初デジパック・バージョンです。


1 Bewitch
2 Satan Bless You
3 Evil Nations
4 Devil Worship
5 Reek Of Cremation
6 Deathtemptation (Kanashibari Part 2)
7 King Of Hell
8 The Sixth Candle/Eviler
9 Carcass Voice
10 Dead March
11 Black Fire
12 Reminiscent Bells
13 Black Fire
14 Intro
15 Envenom Into The Witch's Hole
16 Total Necro
17 Metamorphosis
18 Evoke The Evil


日本スラッシュ・メタル黎明期特有の黒い雰囲気が強く出た名作であるのは言うまでもありませんが。Elizaveat氏のDxRxIxのTシャツ姿にも現れているように、ハードコアなスラッシュにも触発された当時の海外の初期デスラッシュ / ブラック・スラッシュ・レジェンド・バンドと同じベクトルでサタニックなスラッシュ・メタルを追及した、プレ・ブラックな作品としても重要視すべき名盤です。90年の Sabbaticla Demonから"Black Fire"と、93年5月のライブ5曲を追加収録した全18曲入り。ブックレットに多数掲載の若かりし頃の写真の数々も眩しすぎます!!


*上のボックスセット画像をクリックするとSABBAT / METALUCIFER関連商品一覧にリンクします。再入荷した商品もありますので、ぜひチェックしてみてください!




・SATAN'S HOST - Metal From Hell / Midnight Mind CD 税込2,052円 (Skol)

LPもCDもこれまでブートレグとグレーなライセンスで出まくっていた80's USカルト・メタルを代表する名作、コロラド出身 SATAN'S HOSTの86年発表1stアルバムが、レーベルの倒産で正規発売されなかったため、こちらもブートレグが出回った87年未発表作 Midnight Wind ミニアルバムもボーナス収録した15曲入りで待望のオフィシャルCD再発。直近リリースでは2000年代中期にチリのKeltic RecordsがCD再発していましたが、そこもブートのリリースがあったレーベルだったし、先にSATAN'S HOSTをグレーな再発でリリースしていたOld Metalからのライセンスという、到底純正のオフィシャル・リリースとは思えないリイシューでした。今回はS.A.SLAYERをオフィシャル再発したポーランドのSkol Recordsからのリリースで、もちろんバンドからライセンスを得て、このたび初めてオリジナル・マスター・テープからリマスタリングがされています。S.A.SLAYERのCD同様、写真満載のブックレットは素晴らしい作りで、この作品は写真が無いと魅力が半減するくらいメンバーがメガ激渋カッコいいので、過去の再発盤を一蹴する完璧なオフィシャル・リイシュー盤登場と言えるでしょう。

合衆国産正統派サタニック・パワーメタルとでも言いたくなる、とにかくゴリ押し一直線オンリーで演奏した最高のUSカルト・メタル・クラシックです。空回りしたスッカスカでボロッボロな演奏力なんだけど、強烈なガッツとパワーに満ち溢れていて、これが涙ぐましいまでのカッコよさ!!!これをカッコいいと言うな!と良識あるメタル・ファンの方には怒られるかも知れませんが、怒りのパワーと反比例したかのような隙間だらけのあのサウンドが、今回はオリジナル・マスター・テープからのリマスタリングによってだいぶバランスが改善されているので、もちろんゴツゴツしたロウな演奏に変わりないから、この再発CDは本当にカッコいいぞ!!!アメリカ人のバカバカしいくらいまでの馬力とガッツ満点の演奏の裏に、実は80年代USメタル特有の叙情をチョッピリ備えていた楽曲の輝きが増しているんです。アルバム・タイトル曲 Metal From Hellでのデコボコに突進する直角D-Beatドラムから、終始けたたましく笑ってて曲の半分以上笑い声(ってのは大袈裟ですが、そんな印象が残る)King Of Terrorへと続く展開は、泣きながらモノをぶっ壊してるような気分になるほど激烈に燃えてきます。Vo.はJAG PANZERで男泣きメタルを切々と歌い上げているHarry Conklin氏ですが、このSATAN'S HOSTではロウ・パワー全開で、これまたカッコいいです。

そしてSATAN'S HOSTと言えばなんと言っても激渋へヴィメタル・ファッションで、皮ジャン/皮パンでスタッズだらけの激烈なヘヴィメタル・ファッションにも、SATAN'S HOSTのゴリ押し精神がよく現れてると思います。写真満載のブックレットは、もーー、とにかく全ページかっこいい!!最高にオススメです!!

| RECORD BOY | 14:50 | - | - |
DISASTER - The 1990 Demo 7"

・DISASTER - The 1990 Demo 7" 税込1,728円 (Tardis)

DISCHARGEウォーシップ・パンク最高峰バンドの90年デモ2曲と91年ライブ3曲を収録した7"EPです。UKブリストルのTardis Records名義でのリリースですが、昨年末にDISORDERのデモLPをリリースしたUncompromising Bastard Records同様、SOLSTICE / ex. SORE THROATのRich氏も全面的にバックアップしたリリースです。イギリス・ポンドの高さによる送料などのハイ・コストのせいもあるけど、厚手でグロッシーな紙質のゲートフォルド・スリーブも素晴らしい出来映えなので値段は高くなってしまいましたが、レーベルでは発売後即完売していますので、UKHCファンやd-beatマニアは躊躇せずこの機会に必ず確保してください。ちなみに前述のDISORDERのデモLPも完売していますので、再入荷はしません。

A面の90年デモは、その昔、テープ・トレードで入手したDISCLOSEの川上氏が大興奮して、友人や交流のあったバンド関係者などにも回して広まった音源として、日本のマニアにも有名な音源です。音質の悪さも有名でしたが、このたびRich氏によるマスタリングで甦りました。B面のライブは以前にカセットで出回ったりもした音源で、DOOMのBriによってバーミンガムの1 in 12でリマスタリングされています。DISASTERのサウンドやバイオ的な説明は、もう必要ないでしょう。Rich氏とBri氏の、当時DISASTERを実体験した現役レジェンド・ミュージシャンがバックアップして実現した、d-beatデモ・クラシックの限定再発盤!!
| RECORD BOY | 18:30 | - | - |
el zine - Vol.15

・el zine - Vol.15 ZINE 税込400円

Doll MAGAZINEの編集者だった山路氏によるパンク・ファンジンの、2014年最新号となる#15です。今回はA5サイズ/ホチキス留めのモノクロで、DIY系パンク・ジンらしい外装に変わっています。お値段は少し安くなって、リトル・メジャーな業界向け雑誌とは違う、よりアンダーグラウンドに根ざしたパンク・ジン・スタイルになっていますので、あまり触れたことのないバンドの掲載が多いかな?なんて思うような方こそ、こういうファンジンから多くのバンドやシーンに触れてみてはいかがでしょうか。今回は特にBOYがタッチしたテキストなどはありませんが、もちろんオススメです!!


*こちらの商品は、ショッピング・カートのシステム上、税込値段が401円と表記されていますが、400円で販売しています。



●1981
(2014年6月に来日予定のフィンランドのメロディック・アナーコ・パンク・ロック・バンドへのインタヴュー)

●2000's FINNISH PUNK/HARDCORE DISC REVIEW
(2000年代に入ってからリリースされたフィンランドのパンク/ハードコア作品のディスク・レヴュー)

●THE T-55'S
(解散したスウェーデン/Umeaのハードコア・バンドAC4のギタリストが新たに始めた女性ヴォーカル・ハードコア・バンドへのインタヴュー)

●SAD BOYS
(2014年5月に来日予定のニューヨークの女性ヴォーカル・ロウ・ハードコア・バンドに関するテキスト&グラビア)

●THISCLOSE
(スコットランドのD-Beat/Calマニア・バンドへのインタヴュー)

●SCUMRAID
(韓国のロウ・クラスト・ハードコア・バンドへのインタヴュー)

●SOW THREAT
(沖縄のステンチ・クラスト・コア・バンドへのインタヴュー)

●INVSN
(ex AC4やex MASSHYSTERIのメンバー等によるバンドINVSNに関するテキスト)

●GIUDA
(イタリアのグラム・ロック・バンドへのインタヴュー)

●LASHING SPEED DEMONS
(ライターの大越よしはるさんによるel zine的グラム・ロック入門編テキスト)

●ES GIBT KEIN WERT
(発行人によるディスク紹介)

●CROSS PUNK WORD
(恐らく本邦初、パンクなクロスワード・パズル)
| RECORD BOY | 05:27 | - | - |

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< April 2014 >>

Profile


〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時〜8時
毎週水曜日定休/ CLOSE on WEDNESDAY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan

recordboy@hotmail.com

Search

Entry

Archives

Category

Feed