Page: 1/253   >>
Japanese Steel!!

*本日水曜は定休日ですが、BARBATOS新作CD, WORMRIDDEN新作EP, そしてDeathangle Absolutionの新作も到着しましたので、先ほどカート・アップしました。受注メール返信対応は明日木曜日以降になります。宜しくお願いします!!



・BARBATOS - Straight Metal War CD 税込1,620円 (Hells Headbangers)

ABIGAILのYasuyuki氏によるパンクメタル・スラッシュ・プロジェクト BARBATOSの新作5thアルバムCDが、Hells Headbangersからリリース。ABIGAILでもYasuyuki氏をサポートするJero氏と、東京の若手へヴィメタル・バンド SIGNIFICANT POINTのTakeuchi氏のお二人がリード・ギターでゲスト参加した、全12曲入りです。

現在はパンクメタル・スラッシュの代表的存在とも言えるABIGAILがまだブラック・メタル色濃厚だった時に、ABIGAILでプレイするにはちょっと違和感があるけどボツにするにはもったいない曲を発表するためにYasuyuki氏が始めたのがこのBARBATOSですので、ABIGAILのパンク要素を抽出したバンドとも言えます。しかしこのアルバムを聴くと、パンク色云々以前に、ABIGAILとはカラーの違うさまざまなYasuyuki氏のルーツをさらけだそうとチャレンジしてるのがBARBATOSの本質だということが見えてきます。それが最も強く表れてるのが、Heavy Metal Forces 3, Fly To The Sexual Worldなどのナンバーで、Split w/ RAPEGOATで打ち出した80'sジャパニーズ・メタルを彷彿させるVo.スタイルでYasuyuki氏が歌っていますし、歌詞が掲載されてないのがちょっと残念ですが、日本語詩の曲もあります。さらにSeventeenという曲はMISFITS調のパンク・ナンバーなのですが、今まではこういう曲もパンク・シャウト・スタイルを貫いてきたYasuyuki氏が、ダンジグやエルビス風のコブシにチャレンジしてますし、Goodbye High School GirlsではACIDとEXPLOITEDのミックスのようなスピード・メタルパンクに日本語詞のジャパメタVo.を乗せて、Yasuyuki氏の得意とする要素を凝縮したようなナンバーに仕上げています。今までのBARBATOSとは違った面がいくつも見えてきますが、とにかく聴いててゴキゲンなまでに楽しくなってくる痛快メタルパンク・アルバムです!!



・APOLOGIST - Years of Diabolic CD 税込1,000円 (Black Satan)

Stinger Recordsの名物3" CDシリーズ・オムニバス Sword of ThrashのVol. 6にも参加していたメタルコア・バンド FORCE SKELETORのメンバーが90年代後期に始めたブラック・メタル・バンドの、2014年にリリースされた初期曲の再録+新曲の10曲入りスリムケースCDです。

ゴリゴリのスラッシュ・メタル要素が強かったFORCE SKELTORのまさにブラック・メタル版といったパワーが炸裂した、シンプルながら実に個性的なブラック・メタル・バンドです。ブラック・メタルらしい旋律をフルブラスト一直線の激烈な演奏で叩き出し、尚且つVo.とコーラスの入れ方がまるでジャパニーズ・ハードコアな1曲目のGodkillerに、このバンドの魅力が凝縮されています。



・APOLOGIST - Heretic CD 税込1,300円 (Black Satan)

こちらは2015年発表新作2ndアルバムです。小手先のメタル・テクニックなどは取り入れず、ハードコア上がりのガムシャラ・パワーで一直線に突進する暴走デスコア・スラッシュは、KREATOR, REPULSION, CRYPTIC SLAUGHTER, GABISHのミックス、などとムチャクチャな例えをしてしまいたくなるくらいウルトラ・シンプルなのに個性的で素晴らしい!!Vo.もキョーレツです!!



・WORMRIDDEN - Festering Glorification 7" 税込1,296円 (Me Saco Un Ojo)

ANATOMIAの中心メンバーであり、TRANSGRESSORやNECROPHILEなど、日本デス・メタル・シーン黎明期から重要バンドで活動し続け、多くの海外デス・メタル・ミュージシャンにもリスペクトされるTanaka氏がドラム&Vo.、そして日本でもオールドスクール・デス・メタル・ファンの間で話題となったデンマークのUNDERGANGのギターVo.であるDavid氏がベースとギターの、日本 + デンマーク・デス・メタル・プロジェクト・バンドによる2nd 7"です。David氏の運営するカセット・レーベルからテープで出ていたデモの、Me Saco Un Ojoによる7"ヴィニールEP化バージョンで、今回は限定ブラウン・ビニールで入荷しました。

2012年に発表された1stデモEPは2011年の録音でしたが、この2ndデモEPは1stデモが発表された直後の2012年には既に録音されてた音源で、リリースまでに2年以上費やされています。しかしこれが1stからさらに壮絶な深化を遂げた内容で、録音からリリースまでの2年間に腐敗が進行したのでは?などと思わせる凶劣な作品です。1stデモはINCANTATIONウォーシップ・デス・メタルの現行バンド最前線 ENCOFFINATION, FATHER BEFOULED, VASAELETHなどにも非常に近い暗黒の荘厳さも漂うlowデス・メタル・サウンドでしたが、今回はもっとAUTOPSY型のlow & rawデス・メタルな腐臭が強くて、さらにTanaka氏のウルトラlowestボーカルがDEMILICH級に最低(いつも言ってますが、最も低いという意味です)のガテラルで凄まじすぎます!!近年デス・メタルのトレンドであるドローン化によるlow-endな手法とは真逆の、デス・メタル本来の原始性に基づいたこのlow-end tortureデス・メタルは、もうさすがとしか言いようがありません。SWALLOWEDのEP時代も凄かったが、これぞまさしく最凶!!!
| RECORD BOY | 16:37 | - | - |
Deathangle Absolution!!

・GOATPENIS - Flesh Consumed In The Battlefield CD 税込1,728円 (Deathangle Absolution)

ブラジリアン・ベテラン・ウォー・メタル・バンド GOATPENISの、2014年にDeathangle Absolutionからリリースされた4thアルバムCDです。SSP改めDeathangle Absolutionの作品は相変わらず入手が困難で、これも入荷までかなり時間が掛かりましたが、まだ日本では全く流通してなかったので、待ってくれてた方も少なくなかったと思います。この機会にぜひ入手してください。

2011年〜2013年に録音された11曲を収録する本作では、Deathangle AbsolutionオーナーでINTOLITARIANでも精力的に活動するAntichrist Kramer氏と、REVENGEのJ.Read氏がゲストVo.が参加してる曲があり、Kramer氏は数曲でレコーディングや歌詞の提供もしています。そのゲストお二方にも負けない強烈なキャラクターのせいかゴシップも付きまとうため、ウォー・ブラック・デス・メタル・マニア以外の人達にはなかなか正当に評価されないバンドですが、そんな方々にはぜひこの作品から触れてみてもらいたいほど、今回はこのバンドの特徴であるキャッチーさが際立った作風になっています。Hell Awaits風なイントロからも感じ取れるオールドスクールなデス/スラッシュ的手法を、グラインドコア並みのキャッチーなセンスで畳み掛けるように連射していて、切れ味ある演奏と対照的にウネるベース・ラインがカオティックな鈍さを生み出しています。そこに、勇壮なブラック・メロディーもふんだんに導入して、ウォー・グラインディング・メタル系で、こういう整合感でまとめあげるバンドはあまり居ないと思います。IMPIETYあたりのファンには間違いなくオススメの傑作デス!!



・INTOLITARIAN - Deathangle Absolution DIGIPACK CD 税込1,728円 (Deathangle Absolution)

2008年にSARCOFAGOの最終作品 "Crust"をヴィニール化して以降、刺激的なリリースを当店で入荷させてきたUSアンダーグラウンド・エクストリーム・ミュージック・レーベル Satanic Skinhead Propaganda改めDeathangle Absolutionのレーベル・オーナー Antichrist Kramer氏が率いるINTOLITARIANの2014年発表新作2ndアルバム・デジパックCDです。

スポークン・ワードを盛り込んだ全9部構成で、曲数は全146曲。この構成からも察しがつく通り、前作1stアルバムよりもパワーバイオレンス・ノイズコア・アプローチを推し進めた作風となっています。ベース&Vo.のKramer氏とセッション・ドラマーという基本編成は変わりません(ドラマーは前作とは別人物です)が、ドラムもノイズで覆われてパワー・エレクトロ寄りの感触が印象強かった前作に比べて、今回は一発録りの生々しさで暴力性を最大限に発揮しています。とは言っても、音の悪いリハ・ライブ録音みたいな感じではなく、ブラック・グラインド・メタル・バンドによるノイズコア・アプローチ、と言った感じの極悪スピード・ノイズです。不思議なことにノイズコア・グラインド系の即興性はあまり感じられないし、パワー・エレクトロからもちょっと距離を置いて、とにかく以前よりバンド形態の生音によるフィジカルな轟音を強くアピールしているので、これはAxCxに代表されるノイズコア・グラインダーズにはたまらないロウ・パワー・バイオレンス作品でしょう!!自らの分身とも言えるレーベル名をタイトルにしてる点からも、本作に掛けたKramer氏の激烈な情熱がヒシヒシと伝わってきます。エクストリームなサウンドと思想を追及するDeathangle Absolution Recordsファンは、万難を排してでも必聴の作品と言っても過言ではありません。
| RECORD BOY | 16:30 | - | - |
NYC Punks!!



・ROTTEN UK - Bat Shit Crazy 7" with BAT SHAPED EARING 税込1,296円 / WITHOUT Earing 税込1,080円 (Disillusioned)

ex. BLUDWULFのVo. Jimmi Sinnが率いるNYパンク ROTTEN UKの5曲入り新作2nd 7"です。またしてもピアス・イヤリング付きで、しかもジャケ保護クリア・ビニールにセロテープでピアス貼り付けて送ってきたので、ジャケにポツポツ跡が付いちゃってますが(穴は開いてません)、もうしょうがないんです。送ってきただけマシなので。ピアスはもちろん、前に入荷したカセットに付いてたモノとは別で、このEPのマスコット・キャラ的に使われてるコウモリ・デザインです。あと、頼んでないのにPORK MAGAZINEもけっこう入れて送ってきて、おかげで送料が最初に払った金額の倍になってしまい、追加金も払わされたので、ホントは数百円ででも売りたいところなのですが、とりあえずこのEPお買い上げの方に先着順でPORK ZINEも差し上げます。ランダムで何号か届いたので、issueの指定はカンベンしてください。ピアスをいらない人は、オプションでピアス無しを選択してください。

前作カセットに入ってた曲も2曲収録されていて、あのカセットで確立した前人未到のスタイルである、グラム・アナーコ・ロウ・パンクを今回も追及しています。ジャケでも表している通り、相変わらずDISORDERウォーシップもバリバリアピールしていますが、今までのノイズコア・ロウ・パンク・バンドのような手法と異なり、DISORDERの核部分のパンクロック・アプローチを、Sinnのヴィシャスなキャラ(彼はこのバンドではSinn Viciousと名乗っています)と、アナーコ・パンク的無機質キャッチーなメロディーで表現しています。



・RAUNCHY SEX - Sexual Fantasy, Sexual Experimentation And Campy Sleaze 7" 税込648円 (Trash)

ROTTEN UKのギタリストがやってたNYパンク・バンドが2011年に発表した唯一のリリースです。限定300枚ナンバリングなしですが、当時からナンバー入れずに売ってたそうです。300枚プレスの2011年リリースですから、要するに、プレス枚数でウソついてなければ、最初から全然売る気もなく、ほったらかしにされてたレコードということです。

そして内容もまた、ほったらかしにしたくなるような酷いヤツです。DEAD BOYSタイプのグラムっぽい哀愁もあるパンクを、チューニングもメチャクチャのグダグダなテンションでやっています。けだるいとか、そういう話じゃありません。インナーにはたいそうなステートメントが掲載されていますが、これぞリアル・ドランク・ライフを生きるパンク・ロックなのかも知れません。さすがにJimmi Sinnとバンドをやるだけはあります。考えようによっては怖いくらいすさんでるロウ・グラム・パンクなので、聴いててもういい加減この辺の人達と付き合うのやめたくなってしまいました。



・MOMMY - Demo TAPE 税込864円 (Electric Assault)

Electric Assaultから限定250本でリリースされたパンク・バンドの1stデモです。「みんな大好きなあのバンドのメンバーが在籍するNYのバンド」と、レーベルは思わせぶりな解説してますが、こちらでは本当に何も聞かされてないので、正体についての問い合わせされてもお答えできません。ただ、このカセットを店頭で見かけたお客さんが、すかさず「このMOMMYのカセットはもう買えますか?」と買われていきましたので、現行ロウ・パンクを細かくチェックしてる方には、既に話題となってるみたいです。

サウンドはかなりの轟音ノイズ・パンクで、オールドスクールではありますが、スラッシュというスタイルではなく、もっと前衛的でもあるローファイ・パンク・ノイズです。生々しくもあり、非人間的でもあるロウ・ノイズは、BONE AWLのようなプリミティブ・パンク・ブラック・ノイズ・ファンにもオススメできるかと思います。
| RECORD BOY | 03:44 | - | - |
Fareast Death Cult 2015
CATAPLEXY / assembrage / SECOND TO NONEのKaneuchi氏と、同じくSECOND TO NONEのShoji氏のお二人が発起人となり、Hammer Sonicと銘打ってスタートして、いまや日本のアンダーグラウンド・エクストリーム・メタル&ハードコア・イベントを代表する夏の風物詩となったFareast Death Cultの今年の前売りを、2 daysチケットと3 daysチケットを当店でも販売開始致します!



2015年07月18日(sat)・19日(sun)・20日(mon)
@南堀江Socore Factory

【FeDC 2015 Day-1】7月18日(土)
・assembrage
・BURNING SIGN
・DIEDRO LOS DIABLOS
・HUMPTY DUMPTY
・MIDNIGHT RESURRECTOR
・NOTIIBELIKESOMEONE
・PALM
・REDSHEER
・She Border Picture
・SILVERBACK
・ミミレミミ
・秘部痺れ

【FeDC 2015 Day-2】7月19日(日)
・ANATOMIA
・DIE YOU BASTARD!
・DUB 4 REASON
・FUNERAL MOTH
・HEMIPENIS
・MURDER WITHIN SIN
・OOZEPUS
・SECOND TO NONE
・SELF DECONSTRUCTION
・she luv it
・THE HAWKS
・T.J.MAXX
・W.D.L.K.

【FeDC 2015 Day-3】7月20日(月・祝)
・awl
・CATAPLEXY
・COFFINS
・DISTURD
・FATAL DESOLATION
・KNAVE
・NEPENTHES
・SEX MESSIAH
・SPACE SCIENTIST
・WOLFGANG JAPANTOUR

Open 16:00 / Start 16:30(全日程共)
2DAYS通し券 4500円 / 3DAYS通し券 6000円(1DAY/当日は2500円)
※全日程共、入場時に別途ドリンク代500円を頂きます。
※2DAYS/3DAYS通し券は前売りのみの販売となります。7/18以降はご購入出来ません。
| RECORD BOY | 17:33 | - | - |
Metal Hard!Thrash Free!!

・UNREST - Grindcore CD 税込1,728円 (Unspeakable Axe)

当店でもファンの多いUSデス・メタル・レーベル Dark Descent Recordsが別名義で運営するUnspeakable Axeからリリースされた、USペンシルヴァ二ア出身3ピース・グラインダーズの1stアルバムです。このUnspeakable Axe recsは、コンテンポラリーな傾向の強まるDark Descentの主力作品よりも、もっとオールドスクールなスタイルの新人や無名バンドを中心にリリースしています。

ギター&Vo.のSteve Jansson氏とベーシストのBrooks Wilson氏は、同じくUnspeakable Axeからアルバムを発表して、オールドスクール・デス・メタル・ファンに高い評価を得ているTRENCHROTのメンバーです。しかも、先に入荷してた1stアルバムが極上のドゥーム・メタル・アルバムで、アダルトな正統派ドゥーム・メタル・バンガーズにこれまた絶賛されている、CRYPT SERMONもやってる2人です。その2人がやってるんですから、このバンド名とタイトルから、安易にDISRUPTを連想してはいけません。このUNREST、完璧なNASUMウォーシップ・グラインドのハイクォリティー・ブラスト・ハードコアで凄い!!いやはや、Steve JanssonとBrooks Wilsonの両氏の実力には脱帽です。ベテランでもこれだけ多彩に、しかも各バンドを最高のセンスでまとめるのは至難の業です。TRENCHROT組ではないですが、NASUM直系のハイパー・グラインドに肉迫してる切れ味鋭いドラミングを叩き出すChris Grigg氏もたいしたもので、作詞とVo.も兼ねています。ストップ&ゴーを多用したハードコア・パンク基盤のグラインドコアを、畳み掛けるような展開とソリッドなサウンドで爆発させていて、叙情的なコード・リフを絡めるあたりも、まるでNASUMそっくりです。グラインドコア・ファン、絶対に注目のデビュー作です!!



・POISON - Further Down into the Abyss 2LP PICTURE LP + DARK GREY VINYL 税込3,996円 / 2 x BLUE VINYL 税込3,780円 (Iron Pegasus)

82年に結成され、活動時にはデモを発表したのみだった伝説のジャーマン・デスラッシュ・イーヴィル・スピード・メタル・バンド POISONのディスコグラフィー・アルバムが、2枚組LPバージョンも再プレスされました。ここ1〜2年、また海外でPOISON人気が高まっているようで、2006年リリースの初回プレス盤は、限定ホワイト・ビニールもレギュラー・ブラック・ビニールもけっこうなプレミアが付いて中古市場で取引されていましたが、ホワイト・ビニールなんか海外だと最近はもう1万円超えで入札がポンポン入ったりしてる状況です。今回のプレスは初回盤よりジャケがマットな質感に変わって、ゼロックスだったA4のインナーはグロッシーな紙質に変わり、裏面にメンバー写真がプリントされた両面刷りになりました。ブラック・ビニールもプレスされてますが、今回は初めての盤色のブルー・ビニールと、そして前からやってほしかったピクチャーLP(ピクチャー盤はディスク1のみで、ディスク2はダーク・グレイ・ビニールです)の2種で入荷させました。


A1-B1 : "Into The Abyss" DEMO (1986年)
B2-B3 : "Awakening Of the Dead" DEMO (1986年)
C1-C5 : Rehearsal (1986年11月)
D1-D3 : Live (1987年2月)


93年にベルギーのレーベルがアナログ・リリースした Into The Abyssデモを中心に、それ以前の84〜87年までのデモの曲も数曲加えた編集盤です。これを聴けば、なぜこのバンドがここまでカルトな人気があるのかが絶対納得できます。ひたすらサタニックに追求した本物の黒いスラッシュ・メタルで、後のデス/ブラック・メタルの始祖となったバンドが、また1つヴェールを脱いだ念願の再発盤として、発売当時は世界中で大きな反響を呼びました。VENOMやMERCYFUL FATE等に影響されて始めたという極上のサタニック・スピード・メタルで、後期フレディー・マーキュリーがチェーンと弾丸を裸身にまき付けたようなルックスのVo.ヴァージン・スローター氏(「ヴァージン・キラー」って名乗った方が合ってるような強烈な変態ルックス!!!)の、十字架を逆さに構えてシャウトするライブ写真は、確かにキング・ダイアモンドの影響を感じさせます。 ゲートフォルド・ジャケの内側には、メンバー写真/デモ・スリーブ/フライヤー/ファンジンに掲載されたインタビュー等も載ってて、小指を立ててマイクをにぎるヴァージン・スローター氏など、激渋カッコよすぎる写真の数々は超必見です。これこそ究極のダイハード・イーヴィル・スピード・メタル!!!666!!!



・R.U.DEAD? - Dead but Alive 2LP 税込3,348円 (Iron Pegasus)

ジャーマン・カルト・サタニック・デスラッシュ・スピード・メタル POISONのギタリストが、POISON解散後に89年に結成して90年代後期まで活動したバンドのコレクション・アルバムが、POISONも再発したIron Pegasusから2枚組LPでリリース。ゲートフォルド・スリーブで、ジャケ内側には、活動時に残した各作品のジャケやメンバー写真も載せたバイオグラフィーを掲載。限定666枚プレスで、ブラック・ビニールのみのリリースです。


A1-A4 from "Nothing Will Be Forgiven" EP (1995年)
B1-B3 from "A Thought Before the Kill" EP (1996年)
B4 from "Hypnos" EP (1992年)
C1 from DEMO 1992
C2-C3 from "Individual Horror" DEMO (1991年)
C4 from "..Simply Dead" DEMO (1990年)
D1-D4 : Live 1996


まさしくPOISONの進化系のようなサウンドで、ヨーロピアンらしいダークな感触のまま、もっとテクニカルなイーヴィル・スラッシュを強めています。POISONがVENOM直系でスピード・メタル的感覚もあったのに対して、このR.U.DEAD?は、SLAYERやDESTRUCTIONのようなフレーズを駆使したユーロ・イーヴィル・スラッシュ・メタルなのですが、とにかく感触がモノ凄くドス黒い!!ファットな重厚感じゃないけど、80年代後期〜90年代初頭のオブスキュアなスウェディッシュ・デス・メタル発掘音源を聴いてるような感覚にもなるくらい、構成するパーツは80'sスラッシーなのに、ダークネスが完全に90年代初期特有の陰鬱さなのです。90〜92年あたりの音源は、AUTOPSYにも通じるドゥーム・スラッシュなデス・メタルの感触も強くて、92年デモの極上モッサリ・タッチは、かなりAUTOPSYなメガ渋さデス。欲を言えば、この92年デモの曲をもっと収録してほしかったけど、このバンドの最大の特色は、スラッシュを維持したドス黒さですから、単なるオブスキュア・デスラッシュの発掘としてではなく、POISONを継承したブラック・デスラッシュ・メタルを満喫するには、もってこいのコンピレーションになっています。ライブではPOIOSNの名曲 Sphinxも披露しています。



・INFERNAL ASSAULT - Forced by the Flames MLP LTD.100 RED VINYL 税込2,808円 / LTD.150 AMBER VINYL 税込2,700円 / LTD.350 BLACK VINYL 税込2,484円 (Iron Pegasus)

2013年結成ジャーマン・スピード・メタル・バンドのデビュー作となる5曲入りMLPです。Iron Pegasusからの限定666枚リリースで、今回はそのうちのltd.100枚レッド・ビニール / ltd.150枚アンバー・ビニール / ltd.350枚ブラック・ビニールの3種で入荷しました。

DESASTER, HELLISH CROSSFIRE, NOCTURNAL, etcを兄貴と慕う若者たちのようで、BURSTIN' OUTなんかに近いアティチュードのオールドスクール・プライドを継承するスピード・メタルです。BURSTIN' OUTはVENOMウォーシップなワケですが、このINFERNAL ASSAULTはさらにスピード・メタルのルーツを探求したスタイルが特徴で、MOTORHEAD要素を強く打ち出しています。しかし、モーターチャージドなメタル・パンクとは意識して距離を置いてるような頑固さが魅力で、ラストに収録のMOTORHEADの"Motorhead"カバーは、原曲に忠実なスピード感でやってます。こういうバンドは普通、ちょっとはスピードを上げてカバーするものなので、これがとてもジジくさいカバーにきまっててサイコーです。しかも、いかにもHellbangers周辺のバンドらしい男臭さと切れ味の鈍さもバツグンなので、若いのに、「ドッコイショっと」って感じが強く出てる疾走ナンバーは、CRUEL FORCEとかの2010年代型ジャーマン・スラッシュ・メタルが、よりスピード・メタルなダイハード・テイストを増したような感じでもあります。ENFORCERやGHOSTが自分のレーベルから巣立っていったのなんか、全く気にもとめてないIron Pegasusにとっては、これは相当な有望株と言える若手でしょう!!間違ってもENFORCERやGHOSTファンは手を出してはいけません。しかし、これぞダイハード・ジャーマン・メタル!!だと思います。




・NIGHTMARE CITY - S/T MLP 税込2,376円 (Electric Assault)

ANTICHRISTのVo.のStekenがドラム、WITCHGRAVEでベース&Vo.を担当するJockeがギター&Vo.を担当するスウェディッシュ・メタルパンクの6曲入り1st MLPです。Critical Mass vol.2 LPにも1曲参加していましたが、このMLPをリリースしたElectric Assaultから限定150本のデモ・テープも出していて、そのカセットを逃していたのを大変悔やんでいました。この作品から、Zombie Ritual Tapesからのデモが素晴らしかったデス・メタル・バンド EVISCERATEDのVo.だったHenkeがベースで正式に参加しています(ちなみに、JockeもEVISCERATEDメンバーでした)。スウェーデンのメタルパンク、と聞いて反応してしまった人は、ぜひチェックしておいてほしい注目バンドです。初回盤は500枚プレスです。

アプローチの異なる曲調をA面とB面で意識して振り分けたような構成で、A面はDISCHARGEとMOTORHEADを土台にした曲調でドライブ感を強調しています。A2はMIDNIGHTそっくりですし、A3のギター・ソロにバッキングを被せないところとベース・ラインは、完全にTANKをお手本にしてるのがわかります。Jocke氏のVo.は低音域のみで、感情を押し殺すかのように抑揚もないので、このへんはスウェーデンのデス・メタル上がりらしい感覚です。B面にCritical Mass vol.2に収録されてたナンバーが登場しますが、この曲をオムニバスで最初に聴いた時は、WITCHGRAVEと叙情スウェディッシュ・クラスト・パンクのミックスっぽく感じたけど、こうしてまとめて聴いて強く感じるのは、叙情クラスト的に感じたメロディーが、スウェディッシュ・パンクの伝統を継承する旋律だという点です。このモッサリ感、DISCHARGEルーツのシンプルなリフ・ワーク、低い声で男臭く歌い上げるボーカル、どこかで聴いた感じだぞ?と思いながら聴いてると、B1のソロあたりで?もしや?と思い、そしてB2のサビ部分で!コレは!と確信したのは、このバンド、チョーーーBLACK UNIFORMSです!!!!!好きな人なら愛情と敬意を持って言ってるのがわかってもらえると思いますが、BLACK UNIFORMSってバンドとしてはショッパイ部分も確かにあったけど、そういう感覚まで見事に?表現しています。しかしラストの曲のギター・ソロなんか、まるでPUKEまんまな哀愁で、これまた最高すぎです。外国人が日本のハードコア・パンクをいくら真似てみても、世界に誇るジャパニーズ・ハードコアには成り得ないように、スウェディッシュ・ハードコア・パンク独特のこのコーラス掛かったような不思議な感触と音色も、スウェーデンで生まれ育ったミュージシャンにしか出せない感覚なのかと思います。



・RIPPER - Raising the Corpse CD 税込2,268円 (Iron Pegasus)

Iron Pegasusからリリースされた、チリ出身スラッシュ・メタルの15曲入りCDです。2014年に本国のレーベルからリリースしたCDに、ボーナスで2013年カセットEPの曲も加えたライセンス盤です。

チリアン・メタルの質の高さは既に良く知られていますが、これまでさほど海外にプロモーションしていなかったこういうバンドでも、文句なしのクォリティーなのはさすがです。Iron PegasusではMERCILESSやKREATOR系のデスラッシュと紹介していまして、ボーナス部分のカセットEPの頃はPOSSESSEDタイプの曲も多く、デスラッシュ・リフが切れ味も備えてソリッドに進化してきたバンドのようです。DEATHそっくりなフレーズや、スラッシュ移行期のSEPULTURAにも似た雰囲気もありますし、ジャーマン・スラッシュ系の古典的フレーズやリフもビシバシきまって、とりあえずオールドスクール・デスラッシュ・メタル・ファンには間違いなしの内容です!!
| RECORD BOY | 01:40 | - | - |

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2015 >>

Profile


〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時〜8時
毎週水曜日定休/ CLOSE on WEDNESDAY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan

recordboy@hotmail.com

Search

Entry

Archives

Category

Feed